FC2ブログ

アッパーアーム長さと420プーリー

4月3日。
社員研修を半日で終えてパルスピードウェイです。

サーキットに着いたのが13時過ぎ
その頃の路面温度

モーター温度が少し高いのでファンの電源を入れましょう。
まずはタイヤ
これはラッシュの32
取り敢えずウォーマー無しグリップ剤だけ
これはやっぱりクリップ薄かった…
でもタイヤも埃っぽかったなぁ
コーラを巻いたそうですが風が…強くは無いものの吹き続けているのでそのせいかな。
2パック目はウォーマーを使用して…
5週目あたりから11秒9を出しつつ
12秒0から12秒2くらいのラップです



3パック目はアッパーアームを
今まで低くしたり上げたりしてもイマイチだったので短くしてみました。

今まではアッパーアームスペーサーを1.3mm挟んでいたけど一気に倍。2.6mmに増やしまた。
キャンバーが変化するので修正して前後1度。ターンバックルは90度×5回回しました。
ヒッチは0.5mmだから5/4回転で1.25mm…こんなものですね。
これはコーナーの動きが機敏になりましたね。
車がコーナーで速く動くのでアプローチが楽です。

でも少し短すぎるかな?グリップして少し逃げて…というような動きを感じます。ロールとタイヤのグリップの連携がうまく出来てないような感じです。


これで前後420用スプール&デフを投入。
今まではまったりしてしまってすぐ引っ込めてたけどアッパーアーム短くしてからこれを投入したら良い機敏さを維持しつつ今日1番のアベレージでしたね
5週目くらいから11秒8台が3周連続で出せたし後半でも11秒8後半から12秒0で走れました
一番新しい4番電池ってのもあると思いますが
ホイルスペーサーt0.5抜きは
ターンインはやや早い気がする
タイムは思っていたほどではないけど
11秒9から12秒0といったところ
路面が冷めてきたかな?
入れてみたけどタイムはほぼ同じ
フィーリングもパリッとしたところはほぼ無く…
路面冷えてきたかも
あまり差がわからないから取り敢えず入れておいた方が良いかな。

アジャスタブルアッカーマンセットのピロ間8.5ミリへ変更
暗くなりかけてきてタイヤは32
少しコーナー初期の入りが鋭くなりましたね
ベスト11秒9中盤12秒0で走れたから効果はあったのかも
Vr3の28
前回新品はズルズルだったけどこの時点で合計2パック目はまあまあ
前半良いけど後半反応が甘く成る
後半にコーナー脱出でリアがブレイクするからギアデフのオイルが少し柔らかいかも
ユルギックス28
2セット走ったけど走行フィーリングは一定
でもタイムが少し劣るかも
連続ラップの基準は12秒1から3
フィーリングは一定だけど操縦台手前のへの字コーナーの切り返しが少しアンダーです。
もう一度ラッシュの28
単純にグリップするラッシュの方が良いかなぁ…
スポンサーサイト



低重心化とサーボの切角

3月20日、今日は曇り、風もなく路面は安定です。
コースに着いたのは12時半ごろ
ピットを準備して走行開始が2時過ぎ

今日は夕方以降に雨の予報なので少し巻き進行のつもり。
今日の路面確認一パック目
標準仕様で
11秒9がぽつぽつと出しつつ12秒0位で走れてる感じです。
二パック目はアッパーアーム固定ブロックの固定ネジを鉄から


アルミに、


あとアンプのファンも外しました
約10グラム軽くなったのでウエイトを追加

場所はアンプの脇です。
これはコーナーの動きが機敏になりましたね
先ほどより0.1秒早い感じです
11秒8がたまに、9~12秒0で走れてます
3パック目も同じように走りましたがフィーリングは同じ
低重心化してから特に正面S字から右側手前奥がピタッといい感じです。
これでフロントのFFサスマウントの所に積んでいた5gウエイト2個を

アンプの所へ

積み直し。
重量の集中化を行いました。
タイムは今日一番良かった
11秒を連続で、その際に11秒7にギリ入っていたのでこれは良さそう。
でも今日一番のタイムで走った為かフロントタイヤが切れてしまいました。
走ってみるとどこがいいってのはあんまりないんですよね。
あ、鋭いな、位な感じで。
冬場のタイヤに対して路面温度が明らかに低い時はフロントにウエイト積むとかRトーを増すとかは良いのかもしれないけど、今は温度上がりやすくグリップも良いのでそんな時はそれは逆効果なのかな?と思いました。
タイヤが切れてしまったのでユルギックス24へ変更
このタイヤ、走ったのは以前タイヤテストを行ったこの時。まずは基準タイム取り。
12秒2位から始まって12秒0、11秒9まで徐々にタイムが短くなりましたね
午後4時30分ごろの路面温度は


これで次はRトーをテスト
アジャスタブルサスマウントにした時にリアトーが3度
になってたので2.5度へ変更

RF のサスマウントを変えました。
ストレートの直後のタイトターンから動きが変わりましたね
この日一番のアベレージ、ベストは11秒7前半まで出ました
ステアリングとサーボホーンの取り合いはサーボホーンの長い方がタイム良いかな?
今までの短い方

長い方

でも動き方が違うので使いこなしというか慣れが必要かも
タイムは11秒8前半が出たけど安定してないですね
重量が気になったので測ってみたら1380g
20g下ろせるな?と思ったのでアンプ横のウエイトを全部20g下ろしてみました。
サーボホーン長さを元に戻したおかげで動きに違和感なし。
12秒0位をアベレージに走れました
11秒は6周位
ベストは11秒7半ば
この辺りからピットから出るたびに空気が生暖かくなってきてなんでだろ?って感じでしたね。
午後7時ごろの路面温度は

サーボホーンの長さを短くしたり長くしたりして走ってみたけど妙に車がぬるっと走れて差がわからない。

と思ったら8時過ぎに雨がポツポツと…
湿度が上がってきてグリップに変化が生じたんでしょうか?
途中ウエイトを下ろした時、タイヤも変えたから良い変化なのかどうか分かりにくかったかな?タイヤ揃えて再テスト。

あとははサーボホーンの長さをもう少し…他にアッパーアームのバルク側の高さを…低くしてダメなら高くして…テストしてみましょう。

ダンパーのOリングとか

翌週はスピードウェイパルのナイトレースなのでテスト走行に行ってきました。

本当は前日の土曜に行きたかったけど用事があってパス。走行は7日の日曜でした。
昼過ぎサーキット入り。
ピット準備して走行開始は2時ごろ。
でもやってしまいました。
このアンプの前回走行は美里最終戦。
17.5フルブーストツーリングに使ったアンプです。設定変えなきゃと思ってビット上にセッティングカード出してはいたのですがすっかり忘れてコースイン。
最初のストレートでフルスロットル。
頭ではノンブーストの意識だったので17.5フルブーストに目と首がついていかず視界から車が消えて…ストレートエンドでカツーンと良い音がして車が刺さっていました…。
フェンスに突き刺さった車を回収して破損確認。
これは部班交換後。

フロントサスアーム右側が三分割破断、同じく右リアのアッパーアームの両側ピロポールが破損、リアアップライトも折れたビスが埋まったままなので交換、シャーシーひび割れ…
これは以前交換時に取っておいた中古のシャーシーへ交換。
これで1時間以上ロス
走行開始は3時過ぎでしたね。
2パック程、走行してタイムは11秒9とか12秒0を出しつつ走行できているので車は直ったようです。
もう少しタイムが良いと良かったのですが日曜という事もあってクルマも少なめだったしこんな所かな?
まずはダンパーの仕様をテスト。
ダンパーはタミヤダイヤフラムとコンペティションOリンク、それとアクソンプレシジョンショックブラダーV2とレボリングⅡ

オイルは共に20番で比較した結果タミヤOリングの方が少しタイム良かったです。
アクソンは圧迫感によるフリクションが多く感じましたね。
フルブースト用効きの安定感を重視した設定なのかな。
タミヤコンペOリングは交換直後のオイル漏れが激しい、ので。
今回準備したダンパーは土曜にレース…として木曜に交換して初期膨張によるオイル漏れ減少を期待してます。

あとはフロントプーリーとリアギアデフ
420用を組み込んで走ってみたのですがこれらは軽いこともありブレーキがよく効く



前半ブレーキを使うところを減らして、後半ブレーキを普通に使って走ったのですが前半の方がタイム良かったです。
ただ…ちょっとロール感を使うところが違う気がする。
ロールが足りなくなるのかな?
サスマウント巾とかだと大変だからダンパーを倒すとか?
MSXの取説をダウンロードして読んでみたけど何箇所か違うところがあるんですよね
以前TA07とか420、07MSのサスアーム設定を比較したことがあったけどそれとMSXを比較しておこうかな。
ラストパックでバルク側アッパーアームの根本をt2→t1.5にしてみたけどこれはやはりイマイチでした。

MSX化は組み替え用部品買いでGW前後にしようと思っているから4月半ばごろまでに420脚の420前後プーリーの完熟走行を済ませておきたい所です。
…走行後、リアの右側ダンパーからオイル漏れが多い…
1パック目のクラッシュでOリングとかガイドが壊れたかな?もう一度バラして組み直しです…
あとはウエイトの集中化を試してみましょう

美里RCサーキット最終戦

ここのサーキットでのレースはフルブーストツーリングかタミチャレだけ
走らせたいけどタミチャレ用車は持ってないし(TA07MSはタミチャレ特認車両になるのでは?と期待して買ったのですが…)フルブーストは速いしなあと敬遠していたのですがサーキット閉鎖に伴う最終戦という事で参加してきました。
車は一月に購入したBD9、少しずつ組んではいたのですかこのペースでは間に合わない…。残りを急いで組んで前日にパルで一パック作動確認しておきました。
パルで作動確認しておいて良かったです。
アンプに入っていたファームがノンブースト専用だったのが発覚。帰宅途中にとある所に寄って書き換えておきました。
最近使うのはiPhoneとiPadばかりでパソコン無くなってしまっているんでよね^^;
書き換えも久しぶり、書き換え方法もすっかり忘れてしまって一時間くらい検索しながらですがかかってしまいました。
レースはコースオープン7時との事なので7時30分ごろを狙って6時30分ごろ家を出ました。最近はナイトレースだけだったのでこんな早くから家を出るのは久しぶりです。
ピットテーブルを広げるのも久しぶり。

コースサイドに沿って設営しました。
レース開始は11時ごろ、なので数回走ったのですが思っていた以上にグリップしない上に慣れないパワーに振り回されっぱなし。
とりあえずホイールナットを鉄製に、ロールプレートの一番後ろのビスを外しました。
それとギア比はアドバイス頂いて8程度まで大きくしました。
アンプ側は蹴り出しを操作できなかったのでBT(Bottom) Soft Powerを20まで大きくしました。
これでレース。
予選2回の決勝1回
ベストは15秒7、16秒0を基準に走れていた気がします。
タイムとしては遅かったのですが車は弱アンダーで走りやすかったです。
あとストレートをモーターを唸らせながらフルブースト効かせて走らせるのはタイムは別として気持ちいいです。
それとクラッシュテストせずに済んだのがとても良かった。
危なかったのは決勝。
レース後半にストレートエンドでブレーキミスってラインが膨らみ埃に乗ってハーフスピン。
なんとか外側の鉄フェンスにぶつけずに止まったのですが逆向きで止まってしまったので合間見計らって一旦安全なところまで退避して復帰。
10秒位ロスってしまいました。
この決勝、エキスパートと一般を同じメインで走ったのですか…正直エキスパートと一般は別のヒートになると思ったんですよね。
一般の決勝走ったらエキスパートの走りのビデオ撮ろうと思っていたので、一緒に走ると聞いて決勝はリタイアするか?と少し思ってしまいました。
予選からワールドクラスの動画撮るべきでしたね。
ここのような地方のサーキットでワールドクラスのドライバーの走りを見れるなんてなかなか無いですからね。
タミチャレGTの今井さんや根岸さんの0.1秒を刻みながらの決勝も凄かった…
そのJM17.5tフルブーストワールドクラスの走りとタミチャレGTの2人の走りの動き方はかなり似通っているように見えました。
タミチャレGTレース動画は久しぶりなので定点からずっと撮っていたけど場所を変えていろんなコーナーの動きを撮れば良かったなぁ…
美里RCサーキットは久しぶりでしたがストレート長いしその前後のRの大きいコーナーとかインフィールドもなかなか面白いです。


これで閉鎖なのが残念ですが…
レース後の表彰式と最後なのでマスクしての集合写真、久しぶりの抽選会を行って…そうそうラッシュタイヤが袖ヶ浦価格で販売していたので幾つが購入して解散となりました。

遅ツークラスもサーキット毎に指定品を買わなければならないのが悩みですが開催されていれば参加したかったサーキットです。

スタビと車高…

事前に走行に向けてメンテナンス。
キャパシター、前後クロススパイダー、ギアデフのアルミカップ、スパーとテンショナーローラー?のベアリングを交換しておきました。

本当は30日土曜に走らせたかったけど天気予報では風が強め、家の周囲でもそうだったので延期。
今日は31日、日曜です。
天気は快晴、昼の風はやや強め。
日の当たっている場所の路面温度は思っていたより暖かいです。


でも体は煽られない、そんな感じです。
ピットは満席、路面に埃が乗りそうだけど台数で掃除できればそこそこにグリップは上がりそうです。


スプリングはXray2.5
車高は5/5.5
リバウンドは3/3.5


一パック目は13時過ぎ
6週目くらいから12秒2が出始めて14週目に12秒0、その後12秒5位で走れました。
走った感じはコーナーがダルい。
でもこれは強目の風で埃が乗りやすい路面のせいかな?


2パック目は4週目から12秒13、9週目に11秒91、24週目でも12秒2台で走れて良い感じです。
侵入の時にオーバースピードに気をつけて小さく回ることが今日は特に重要みたいです


今日のテスト項目は車高とスタビです。
まずは車高から。
3パック目
車高を5/5.5→4.5/5
同時にリバウンドも3/3.5にツイックスクリューで調整しました。
これで走らせるとタイムダウン
ベストが12秒1が数周、他は12秒5
コーナーの入りは鋭い感じがするんですがね
初心者さんも走ってたし路面かな?もう少しこれで走ってみます。


でもこれ、走行中に思ったんですが車高を下げたとしても妙に擦るな?と思って車高計り直したらF/R:3/6…
なんでズレたんだろ?とおもいつつ再調整後の走行では
4周目から12秒1、ラストでも12秒1、ベスト11秒9、コーナーで軽くくるくると旋回してくれて楽ちんです。
車高はこちらの方が良さそうです。


そして次はスタビをテスト。
スタビは今までヨコモBD9用φ1.3/φ1.2を使っていたのですがパルの2019年秋テストではX-rayスタビの方がやや柔らかい感じでパルの屋外アスファルト路面に合っているイメージ。でしたので。
今までもう一度試してみたいとは思っていたものの他の所を優先していて出来なかったコイツをテスト。


今までは減速を頑張って小さく曲がっていたのですが、コーナーでより楽に小さく曲がれるますね。
ベストは11秒9
平均的な周回は12秒0から1で走れました。


スタビ関連はスタビエンド一体型5mmアジャスターが残ってます。
でもこれを419脚に組み込んでみるととくにフロントの取り合いが良くないです。
419脚ではFサス側の一体成形ピロが後ろすぎてエンド用スタビエンドが思い切り斜め取り付けになってしまいます。
この斜めのせいでサスアームに干渉してるし動きも良くない。干渉部を削っても角度が付きすぎな為か動きも良くない。
この樹脂製アジャスターは芋ネジをねじ込んでもアジャスターが芋ネジと共に回転しがちでスタビが捩れそうだし締め止め時がわかりにくいです。
これは取り合い面でも従来型の方が良さそうだったので元に戻しました。


ラストは420のスプールとギアデフです。
ただこの時に使おうとしていた電池はバランスどりに苦労していて充電時間がかなり長め。


スタビエンドで調子崩した上に路面温度が下がっている時間でのいきなりテストでは車の動きを追いきれずラインが一定になりませんでした。
でもたまに上手くハマる時の動きはシャープ
タイミングが全く違うので操作が難しい。
ロアサスピンの高さは今は5.1ミリ
コイツを4.75ミリに下げれば合いそうな感じです。
次回はナイトレースの予定だからその次にテストかな?



プロフィール

赤白緑。

Author:赤白緑。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ぐるぐる回るとがんばれます
その時いじったポイントとか

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR